他人事ではないかも?誹謗中傷対策が必要な理由

ネット社会における誹謗中傷

誹謗中傷は今やネットでも起こり得る時代で、ブログや掲示板などの書き込みで迷惑をしているといった人は大勢います。心的ダメージが大きい場合は記事の排除依頼を行ったり、法的なアドバイスを行ってもらえる機関に相談するなど対処が必要なこともありますね。記事の排除は運営側のサポートに期待するか、誹謗中傷対策を行っている業者へ依頼すると良いでしょう。情報が広まる前に対処を行うのが、誹謗中傷対策の基本となりますね。

意図的なものか見極める

誹謗中傷の定義には曖昧さが残りますが、特定の対象に意図的にマイナスイメージとなる書き込みをしている場合は対策が必要と言えるでしょう。書き込みをしているユーザーが身近な人物であっても、ネットに情報を流しても良いという理由にはなり得ません。場合によっては法的な手段で対処し、慰謝料の請求なども考慮しておきましょう。証拠となる要素は記事とユーザーの特定ですね。対処が分からない場合は誹謗中傷対策の業者へ依頼すればよいです。

誹謗中傷の広まり方について

ネットでの情報がどれぐらいの勢いで広まるのかは、記事を投稿したサイト、記事を投稿した人物の知名度などに影響されます。有名なユーザーが流した情報ほど影響力は高いと見ていいでしょう。また狭い社会、一部で利用されているコンテンツであっても、発言力のあるユーザーが残した悪意あるコメントなどが誹謗中傷となるケースはあります。記事として検索エンジンで引っかかるぐらいになると、検索エンジンの評価を下げる必要が生じますよ。

誹謗中傷対策で取られる手法に逆SEOと言う手法があります。誹謗中傷が行われたサイトが表示されない様にダミーのサイトを複数作り、そちらが優先的に表示される様にします。