LEDの発明によって世界が救われる可能性だってある!

LED照明は発光ダイオードを使用した照明器具のこと

過去に発光ダイオードが開発されてからLEDの白色光照明の実用性が段々と高まって行きました。市販品も登場し一般家庭においても少しずつこの照明方法に移行して来ています。何よりも低消費電力でしかも長寿命というのが魅力であり、我が国のように消費税増税やインフレを設定している状況、あるいは円安傾向で輸入品の物価が高騰している現在では電力消費を抑え、毎月かかる電気料金を抑えることが先決問題にもなって来ています。

今後使用電力の節減に貢献するか?

当初は価格もそれなりに高かったものの、量産によるものか少しずつ価格も下がって来ています。これまで蛍光灯の18ワットのものを使用していたものが4.3ワットのLEDにとって代わることで以前よりも省エネとなって電気料金の削減に貢献しています。それだけに限らず、電池式のLED照明と併用することで階段のLED灯もセンサーライトにとって代わり、あるいは同じく玄関の照明もセンサー式にすることで電気量の削減も可能となって来ています。ライトコントロールの行えるものに取って代わることで全国的にも以前よりも電気の使用量を減らすことが出来ると考えられています。二酸化炭素の削減に向かえば理想となります。

自然エネルギーの利用とのバランスからは

2011年には東日本大震災で津波の被害を受け、原発事故も起きました。今後は原発を少しずつ廃炉にして脱原発になって行くとされています。そのような中にもあり自然エネルギー利用と相まってLED照明は将来的に期待が持てます。今後は電力の自由化も本格的に進められるとされています。一方でGDPの押し上げには電力も必要ではあります。これらをどうバランスを取って行くかは大きな問題でもあります。企業には余剰金も多くあるとされていますので、可能であればこういう時に企業の蛍光灯や照明は全部LEDに取り換えてもらっても良いものと考えられています。

ledパネルは軽量で扱いやすく、led照明の明るさから屋外でも効果的に宣伝することが出来ます。その一方で屋外は風雨に晒されることがあるのでパネルに防水処理を施し、水除けのシートなどを併用します。