テレビ番組録画用パソコンの選び方基礎知識

パソコンでテレビ番組を録画したい、何が必要か

ハーディスクレコーダーの普及でテレビ番組をハードディスクに録画する事がごく一般的になりましたね。家電ではハードディスクレコーダーを買ってきて取り付ければ使えますが、パソコンで録画する場合は何が必要なのでしょうか。答えはテレビを表示、録画する為のチューナーカードと専用ソフトをインストールすれば録画ができてしまいます。映像を映す為のモニタはパソコンの物がそのまま使えますし番組はハードディスクに保存する訳です。機能はハードディスクレコーダーと何ら変わる事は無いのです。

録画用パソコンに求められる物とは

チューナーカードを買ってきて取り付ければ視聴録画は思いのままですが、録画に特化したパソコンとは言えません。では特化した場合は何が違うのでしょうか。まず番組を保存する為のハードディスク容量をできるだけ多く搭載しています。ディスク1個1個では最後まで使いきれず容量に無駄ができやすい為RAIDで一つにまとめている事が多いです。番組を多数保存しているのですから当然ですね。次に多数のハードディスクを搭載する為大容量の電源を搭載しています。低用量の電源では動作に不備が生じやすい為、安定して動作させる様に大きい電源が必要な訳です。最後に必要に応じたチューナーカードを搭載している点です。チューナー1つで撮りたい番組がブッキングした場合どちらかを諦めざるを得ませんが、チューナーを複数積んでいれば同時録画が可能になります。

録画用パソコンを選ぶ意味とは

前項で録画用パソコンは実に大掛かりではないかと思われた方もいると思います。実際に録画に特化するとこうならざるを得ません。では録画用パソコンはハードディスクレコーダーと何が違うのでしょうか。1.保存容量が思いのままハードディスクレコーダーの筐体は狭くディスクを追加する前提の設計ではありません。増設には外付けディスクが必要ですが増やせば増やすほど嵩張り場所を取ります。しかし録画用パソコンなら前述のRAIDを駆使してパソコン内部に内蔵する手段が使え嵩張る事をある程度抑止できます。2.チューナーの数を増やす事で同時録画数を増やす事が出来るハートディスクレコーダーではチューナーは精々付いていても2個までが大半ですが、パソコンではチューナーを増設できる為4つ5つ同時に録画も可能です。他の番組を録画しながら別チャンネルを視聴する事も可能でしょう。3.別に特化しなくても気楽に始められる最小限チューナーがあれば録画できチューナーはハードディスクレコーダーより安価な為コストが抑えられます。いかがでしょう、パソコンでの録画は実に手軽に着手できるのです。

パソコンとは個人向けのコンピューターのことを言い、正式名称のパーソナルコンピューターを略した日本での呼び名です。