あなたならどう考える?スマホサイトとPCサイトのWeb制作!

今流行りのレスポンシブデザインとは

web制作で利用されている手法の中には、レスポンシブデザインと呼ばれるテクニックがありますよ。この手法は、扱うファイルを共通として扱い、画像サイズなどを端末に合わせて自動調整を行う内容です。つまり、スマホとPCからでは、同じコンテンツの内容をユーザーに見せれるメリットがあります。又、検索結果に対する内容も、同じ内容を伝えれる事によって、検索エンジンを提供している企業も推奨しているテクニックなのです。ただし、デザインが崩れない様に配慮しながらデザインを行う必要性があり、表現できる内容に制限がかかってしまうデメリットもあるのです。

別のコンテツとして振り分ける手法

PCに対してのページと、スマホに対してのページを振り分けるテクニックがweb制作にはあるのです。検索結果と違うコンテツを見せる事になりますが、スパム扱いとして禁止されている内容ではありませんよ。ユーザーの利便性を考えれば、この手法の方が効果的な場合もあるのです。ただし、更新する場合は、pc用とスマホ用の両方行う必要性がありますよね。現在は、スパム扱いとして判断されないテクニックですが、いつ何時、スパム扱いとして判断されるか分かりません。検索結果と全く違う内容を見せる事も可能だからです。出来るだけ、pcとスマホに対してのコンテツの内容は、同じ姿としての心構えも大切です。

ターゲットとなるユーザー層を決める決断力

PCからもスマホからも多くのユーザーを集めたいと思う心情は、人が持ち易い心情の一つです。ただし、不特定多数の方に対する共通的に興味を持ち合わせる内容は、特徴の無い平坦な姿となってしまうリスクがありますよね。ターゲットとするユーザー層を、PCか、スマホかに選択を行う決断力を持つ合わせる事が大切になりますよ。ボタンリンクに対するデザインは、スマホからだと効果を期待する事が出来ます。ただし、PCからは、普段から利用が慣れている文字リンクの方が効果を期待出来る場合もありますよね。この様な選択を、ユーザー層を決めてからweb制作を行う事も大切です。

web制作は関連授業がある学校で学ぶのと、独学でも習得する人がいます。コーダーやデザイナー等それぞれ専門分野があり、常に学び続ける姿勢が大事です。